変わらぬ日常

IMG_1268.jpg

今朝の我が家の天窓…雪の結晶が花のようについてます。

そんな朝、被災地も冷え込んだでしょうね。

私の日常は、申し訳ないぐらい淡々と過ぎていきます。


スポンサーサイト

theme : 独り言
genre : その他

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> buonaforchetta さん 

buonaforchetta さんに謝らなければいけないですね。

私も別の場所への避難を希望した一人です。もちろん私は北海道なので、避難する必要がありませんが。

両親が埼玉県にいます。放射能漏れのニュースを聞いたときに、北海道へ来ることを勧めました。
「退職していて縛られる物がないのだから、遊びに来たつもりで来ては?その分の電力が他の家庭で使えるし。」…と。
両親は運転ができません。父が帰宅難民を経験し、東京から実家までの遠さを改めて感じました。
北から放射能、南へは電車が不通で動けない…となると事態が深刻になってからでは、全く身動きできなくなってしまうと考えたからです。私は心配性なので、色々考えて胃が痛くなってしまったほどです。

ですが、母は「被災地から比べたらましだよ。昼間の余震なら怖くないし、震度5を経験したから慣れたよ。食べ物もあるしね。どうしようもなくなったら行くから、あんまり心配しなさんな。」と逆に私を気遣っていました。そして「ろうそくの灯りで夕飯を食べた」とメールが来たりしています。

避難した人の中には「親を思う子心」「子を思う親心」の人がいたのかも…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

それで良いと思います

こんなに心を痛め、寄りそう気持ちの方がいる。それが大事なのだと思います。家族や友人を思う心でその人たちに手を伸ばせば、その人たちが同様に他の人に手を伸ばす。時間はかかってもいつか届きます。
不調であったり、家族を置いて出られなかったり事情は様々で、必ずしも現地に行って役立たねばと思わずとも、出来ることからで良いと割り切っています。いざという時力を尽くせるよう先ずは自分がシッカリした体でいること。未来の財産のお子さんを守ること。大切なお役目があります。
残念なことに、支援物資をゴミ捨てと勘違いしている例があって、汚れた古着やボタンのないもの、破れた物が出てくると、この人は自分がこれを受け取るだろうかと悲しくなります。我が身のことと思える気持ちがあり、それを持ち続けることを大事に暮らしていこうと思います。
私も埼玉県の県北在住ですが、みんな落ち着いています。心配し過ぎでご自身に障りがないことを願っています。

>銀の匙さん

支援物資に汚れた古着なんてひどすぎますね。支援という言葉を分かっているのでしょうか?
善意の募金を盗んで遊びに使おうとした女子高生、お年寄りに募金だといってお金をだまし取ろうとした中年男性。全国で善意の輪が広がっているのに、水を差すような事件が多くてがっかりします。

人の痛みが分からない人…というより、想像力の欠如した人が増えた気がします。


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ちまちまぶー

Author:ちまちまぶー
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
けろ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

img { margin: 5px 5px 5px 5px; }